IT、IoT、運用技術 (OT) のネットワークを統一

IoT および OT データとネットワーク対応のコンテキスト分析を組み合わせたネットワークにより、進化するビジネス要件に簡単に対応できます。

IoT デバイスの増加に伴って増え続ける IT 課題

エッジで IoT デバイスが増加すると、IT にとって新たな課題も生まれます。
  • IoT デバイスは、使用する接続タイプや通信プロトコルが多岐にわたるため、しばしばデバイスを管理し、データを収集するベンダー特有のゲートウェイが必要となります。
  • IoT デバイスは基本的に信頼性が低く、IoT ゲートウェイによりネットワーク上のデバイスの可視性が低下するため、セキュリティ上のリスクが高まります。
  • IoT データとビジネス・プロセスの統合は複雑で、IoT、データ転送、データ・セキュリティ、ビジネス・アプリケーションの詳細な知識が求められます。

Aruba ESP で IoT 駆動デジタル・トランスフォーメーションを加速

「Aruba ESP を分析した結果、その統一されたインフラストラクチャ、ゼロトラスト・セキュリティ、AIOps に基づいたアーキテクチャ・プラットフォームが複雑さを軽減し、オンプレミスとクラウドの両方でスマート施設とハイパーアウェアネスのユースケースを加速させる可能性を持つと考えるに至っています」

ウィル・タウンゼンド、Moor Insights & Strategy シニア・アナリスト

IoT、IT、運用技術 (OT) のネットワークを Aruba ESP で統一

IoT、IT、運用技術 (OT) のネットワークを Aruba ESP で統一

拡張可能な Aruba Wi-Fi 6 アクセス・ポイントは、さまざまな IoT 技術をサポートしているため、現在使用中の Aruba インフラストラクチャで現在そして未来の広範な IoT アプリケーションに対応できます。ゲートウェイおよび IoT オーバーレイ・ネットワークのコスト、複雑さ、潜在的な脆弱性を排除できます。

Icon of a lock with four extending lines terminating in points IoT セキュリティのリスクを軽減

IoT セキュリティのリスクを軽減

エッジからクラウドまでゼロトラスト・セキュリティの原理を適用します。動的セグメンテーションはデバイス特定、ポリシー適用、エンフォースメントを自動化するため、エラーの発生しやすい手動のプロセスなく IoT 導入を拡張できます。IoT オペレーション・サービスは、以前は隠れていた IoT デバイスを可視化するため、IoT ブラインド・スポットを排除できます。

IT および OT のオペレーションの簡素化

IT および OT のオペレーションの簡素化

IoT Transport for Microsoft Azure は、既存の Aruba インフラを使用して IoT センサー・データを Azure IoT クラウドに配信するためのシンプルでセキュアな方法です。カスタム開発されたソリューションにかかる時間よりもわずかな時間で導入できます。

Icon of a hand holding a mobile phone displaying a checkmark 新しい IoT ユースケースを安心して導入

新しい IoT ユースケースを安心して導入

Aruba の IoT テクノロジー・パートナー・プログラムは、Aruba ESP との認定統合と実証された相互運用性を提供するため、IT/OT チームがハイパーアウェアな施設に必要な物理的/技術的ニーズに自動的に適応して対応する能力が飛躍的に向上するため、進化するビジネス・ニーズに容易に対応しながら新たな成果を生み出せます。

ハイパーアウェアな施設の設計

IoT は、スマート・ビルディングの目と耳です。IoT データとコンテキスト情報を組み合わせることにより、利用者とその環境を認識し、対応できるハイパーアウェアネスが実現できます。データとコンテキストが豊富であれば、効率、生産性、収益性、信頼性、セキュリティを向上させる機会も向上します。

ハイパーアウェアなスマート・ビルディングの設計について詳しくは、ホワイトペーパーをお読みください

建物コントロールとデジタル・ツインの活性化

Aruba とテクノロジー・パートナーは、建物と連動して変化し学習するリアルタイム・シミュレーション・モデルを作成できるネイティブの AI 機能を使用して、最適化されていないプロセスの特定、運用改良に向けた推奨、積極的な介入に必要なエネルギー使用量の監視を行うデジタル・ツインやソフトウェア・モデルを作成できます。

コンテキストアウェアなリアルタイムの緊急対応

問題発生時に、建物の入居者はリアルタイムの安全情報をモバイル・デバイスで受信する必要があります。また、緊急救援隊員は危険な状況にある人と通信しなければなりません。テクノロジー・パートナーが提供するソリューションを Aruba ESP に統合することで、テナント、訪問者、スタッフとコミュニケーションを取ることができます。緊急救援隊員は、独自の 4D グラフィックスを使用して建物内の人の位置を素早く確認できます。

Wi-Fi による 5G のシームレスな拡張

Aruba ESP を使用すると、モバイル通信事業者は 5G のフットプリントをあらゆる建物内で簡単に拡張して Wi-Fi 通話を可能にすると同時に、Aruba Air Slice テクノロジーを使用してギガビットクラスのパフォーマンスを実現できます。これにより、コストのかかる複雑な分散アンテナ・システムなしに、シームレスなユーザー・エクスペリエンスと停止のない接続を実現します。

ハイパーアウェアな産業施設の設計

化学、防衛、飲食、ロジスティクス、製造、石油化学、製薬、輸送、公益事業での用途向けのセキュアなインフラストラクチャやパートナー・ソリューションをご覧ください。

ハイパーアウェアな産業施設の設計について詳しくは、ホワイトペーパーをお読みください

予測型メンテンナンスの提供

プロアクティブなメンテナンスを行えば、ダウンタイムを短縮し、アセットの使用とパフォーマンスを最大化し、メンテナンス・コストを最大 40% 削減できます。Aruba ESP は、テクノロジー・パートナー機器との緊密な統合により、機械装置センサーがモーター・ドライブ、バルブ、ポンプなどの機械装置を監視し、問題が発生する前に察知し、生産性、信頼性、効率を向上させます。

ロケーション・サービスにより修理時間を削減

大規模な産業施設でのナビゲーションは難しく、効率が低下したり、安全性の問題が生じたりすることがあります。Aruba ESP のロケーション・サービスを使用して、懇切丁寧なナビゲーションで現場の乗員がナビゲーションできるようにすれば、こうした問題を回避できます。

従業員やアセットの安全を監視

爆発の可能性がある環境では、従業員や訪問者を保護するために、しばしばロケーションベースの安全システムが義務付けられています。Aruba ESP とテクノロジー・パートナーである Mobilaris Group を連携させることで、人やアセットの位置を追跡し、リアルタイムの 3D 状況認識を行えます。

さあ、始めましょう